大阪市生野区・清見原神社

御挨拶

 IMG_0022[1]

初午祭を機に氏神さんを挨拶がてら尋ねて参りました。

清見原神社は主祭神が天武天皇で此の地での吉野見が縁起だそうです。

弊社に祀られてあるお稲荷さんは末社の春高稲荷社の宇賀御魂神(うがのみたまのかみ)で伏見稲荷大社が本宮のようです。

初めまして自己紹介遅れました、現場監督のシノダです。

大阪でしのだと云いますと信太・・・

「恋しくばたずね来てみよ和泉なる信太の森のうらみ葛の葉」

狐繋がりで勝手に新しい職場にご縁を感じておる次第です。

以後お見知りおきを by シノダ

Share (facebook) 


唐破風を改修しました。

RIMG0163
                                                                       ↓
DSC09822 
DSC03697DSC03700R0010431 DSC03699DSC04415DSC04416    DSC09846

20代の若い大工が、70代の棟梁の指示に従って、丹念に屋根の下地を造りました。
以前の破風より、少しだけ高さを縮めることで、軽快な破風になったような気がします。
大工さんって、凄いな・・・・・と、おもいます。

Share (facebook) 


清見原神社の完成が近づいてきました。

DSC09758 DSC09751 DSC09779 DSC09775

板塀の小口に鉋がけをする大工の別處くん

Share (facebook) 


削る 彫る

DSC09532

 

檜材を

削る

彫る

 

 

 

 

大工の
別處さん
佐々木さん
田畑さん

Share (facebook) 


神さまのお家

人々がふだん参拝するときに目にするのは拝殿ですが、その奥に御神体が安置される「神さまのお家」があります。

金物 

その「神さまのお家」に飾金物の取付を行っている大工のB處さんです。

清見原神社の神さまがホレボレするような御神体へと彩られてゆきます。

金物2

Share (facebook)