初顔合わせ

直接お会いして
理想とする家の
イメージや予算などのお話を
お伺いしていきます

敷地調査(現地調査)

 

建物の状態を把握するため
現地へ訪問し確認いたします
その際現況図を製作するための
採寸を行います。

中古物件探し 資金計画

木村工務店では
中古物件探しのお手伝いも
させて頂いております
ご要望の方は
住宅ローンのご相談も
受けることも出来ます



「資金計画の相談」を詳しく見る
「土地探しのお手伝い」を詳しく見る

インタビューシートをお渡しして、詳しいお客様のご要望をお聞きします

インタビューシートからのお客様のご要望例
•現在の家の階段が急で危険なので、緩やかな階段がいい
•今よりも広いお風呂がいい
•現在の押入れが深すぎて使いにくいので、布団用の収納と洋服用のクローゼットが欲しい
•キッチンの近くにパントリーが欲しい

「計画案」作成

お客様のこだわりを整理した
「たたき台案」を使い
打ち合わせを重ねて「計画案」を
固めて参ります。
この際3DCGのより視覚的に
わかりやすく打合せを重ねます。

「概算見積書」作成

見積工事部長による「概算見積書」作成

合意

基本設計合意

  以降の作業から費用が発生します

「概算見積書」にご納得頂きましたら設計契約を交わし、次の段階へ進んでまいります。
設計費のお振込みが必要になります。

実施設計図

「計画案」を具体的にした「基本設計図」「模型」を見ながら設計図の考察を行い
実際に家を造るための図面「実施設計図」の作成に入ります。
ショールームへのご来場(キッチン・洗面・WC・玄関戸など)
電気やガスの設備業者を交えコンセントの位置や給湯器の種類など
細かな内容の打ち合わせも始まります。
3DCGを見ながら空間のイメージを共有化

耐震・省エネ・補助金に対応

構造設計

  木造住宅の耐震診断と補強方法を基本としながら当社で耐震設計を行います。
  現状の耐震を診断した後、プランに合わせてしっかりと計画を進めていきますが
  場合によっては構造事務所にアドバイスや構造設計を依頼する事もあります。

温熱設計

  「室温・湿度・風・日射をコントロールする」という考え方をベースにして家づくり
  全体のバランスを考えながら適切な断熱・気密を行い快適な家づくりを目指していきます。
  場合によっては専門家からアドバイスをもらう事もあります。

「パッシブデザイン」を詳しく見る


補助金

  各自治体からの補助金が適応できる案件については、補助金申請をサポートいたします。
  補助金例:耐震・省エネ改修・空き家利活用 等

見積書

見積書

見積調整
 設計図が変わると見積書も変更されますので、その度に「比較表」を提出いたします。
 お施主さんの価値観と金額を比べて調整作業を行います。


契約「見積書」

金額にご納得頂くまで調整を繰り返し、最終の見積書を作成

「丁寧な見積り」を詳しく見る

契約

基工事請負契約を交わします

請負金額のお支払い時期はお話し合いで決定。
目安としては「契約・着工・中間・引渡し」時を区切りとして、
3・4回に分けてお支払い頂くことが多くございます。
•現場監督と初顔合わせ
•工事のスケジュール(工程)を作成
  定例打ち合わせ・施主検査・引渡しといった日程も決定します。


挨拶回り

お施主さんと現場監督・設計者で、ご近所の皆様に工事の挨拶に参ります。
 いよいよ工事がスタート、続々と現場が動き出します。

現場定例打ち合わせ

お施主さん・業者さん(大工さん)・現場監督・設計担当設計が
一同に集まり現場にて週一回打ち合わせを行います。
社長木村や工事部長冨枡が参加することも。
工事に関するご質問にお答えしたり、ご指摘などを頂戴いたします。


追加変更

現場定例打ち合わせの際追加変更の項目を提出しご確認いただきます

職人


大工

15名ほどの専属大工が在中


手伝い

多能工として5名が在中


精親会

協力業者の皆様による会。現在39社が会員

「ものづくりの仲間たち」を詳しく見る

社内検査

社長・工事部長・設計担当・現場監督による現場のダメだしチェック


施主検査

気になるところをご指摘ください

メンテナンス


家守りの役割
定期的にバースデイハガキを送付いたしますので 何かございましたらお申し付けください。担当の現場監督が定期点検にお伺いします。


撮影

施工写真の撮影
お引っ越し後ご協力頂けるようでしたらプロのカメラマンによる竣工写真の撮影を行います。撮影された写真は当社の施工例として打ち合わせに使用させて頂きます。