屋根仕舞日和

こんばんは現場監督のシノダです。

本日は立冬でした。気がつけば…もう…

例年に比べ?暖かく過ごしやすい日が続いてますよね。

なんて今回も終始天候居士な私でございます。

本日、(関口太樹+知子建築設計事務所)宝塚市・T邸新築工事では

タバタ大工とオオニシ大工の屋根仕舞作業をおこないました。

屋根構面となる合板の上に透湿防水シートを敷き、通気垂木を転がして

板金下地となる野地板をさらに敷く作業です。

適切に素早く作業が進みます。

晴れ続きで気候も落ち着き…まさに屋根仕舞日和!!

 

こちらはその屋根の建方時の登り梁の取付け風景です。

意匠が絡んで難易度が高い合掌納まりの接合部、そしてなかなかの金物緊結接合…

 

秋晴れ快晴モード全開の建方で、

タバタ大工の指示の元無事棟上がりました。

皆さんおつかれっした!

 

shinoda byシノダ

11月到来

現場監督のナンバです。

 

生野西・S邸新築工事では内部床貼りスポーツが開催中です。

 

折り返し地点でしょうか。

 

小路東・K邸の蔵リフォーム工事ではほぼ床が上がりました。

 

 

 

手加工の継手。美しい。

 

 

 

 

 

 

最後はひょっこりサメジマ大工でさようなら。

 

namba

byナンバ

じわじわとくる

こんばんは現場監督のシノダです。

現場間の山道で木々がほんのり色づいてきた。

朝晩がちと寒くなってまいりました。

秋深まりつつありますね。

(矢部達也建築設計事務所)川西市・S邸新築工事では

外装の下地も終わり内部の下地へと進んでおります。

今回の建物は内外の境界が曖昧…若しくは連続又は内包されているの

いずれかの言葉であっているのか自信はありませんが

現場が進むにつれ印象が変わっていく感じがします。

ここからは納まりがビシビシと決まってもう一段階変容しそうな予感…

 

本日の打合せで外装の仕様も決まり、建物をコーティングするトーンが決まりました。

さてさて廻りの木樹に囲われどんな表情を見せてくれるか愉しみです。

 

現場の至る所からどんぐりが降ってきます。

坂道をコロコロと…自然だわ

 

shinoda byシノダ

 

 

 

 

サッシ

現場監督のナンバです。

 

生野西・S邸新築工事はやはり着々と。

サッシがつきました。

 

 

 

 

 

化粧垂木もいまはソワソワしてますが、場になじんで落ち着いてくでしょう。。誰ですか?

 

 

生野区K邸の蔵リフォームではついに瓦を降ろしました。

 

 

一般的な屋根ならまだしも、この蔵は7寸以上の勾配がついておりもはや【坂】

 

1週間で総勢30人ほどの仕事量。THE人海戦術。

 

 

内部はこんな感じで壁・天井が化粧で残るのです。

 

かなり大きな工事になってきました。

 

これを書いているのは金曜日なので明日が台風です。

関西はまだ逸れてはいるようですがどうなることやら。

みなさまお気を付けください。

 

namba

byナンバ

 

 

上棟式

こんばんわ。設計担当のカワモトです。
生野西・S邸新築工事の上棟式を先日行いました。
上棟出来まして本当に良かったです。おめでとうございます。

↑綺麗な木組みを見ながら上棟式を行うことはとても気持ち良かったです。
準備や食事などの用意して頂いた施主様に感謝です。
また、現場監督や職人さんは棟上げお疲れ様でした。引き続き工事完成まで頑張りたいと思います。
kawamotokawamoto

スバラシぃ~

こんばんは現場監督のシノダです。

現場からの帰路、真っ赤に燃えるヒガンバナが目に留まりました。

えっ!そういえばついこの間お彼岸だったわ~と

慌ただしい日々に唯々埋没している事から我に返るのでした。

季節感て大事、植物って偉い。

さて(平野玲以建築設計事務所)木津川・Y邸新築工事では先日無事お引き渡しを終えました。

緑が入り建物がいきいきしております。

やっぱり植物ってスバラシぃ-!(最近の娘の口癖)

 

外構の土間を仕上げ工事完了しました。

ほんとに最後までバタバタでしたが

皆さんご協力有り難う御座いました。

 

御施主様住み心地は如何でしょうか?

若干の追加作業などがありますので

今度お伺いする時どの様に住まわれているのか愉しみです。

 

さてさて本日はこの辺…

 

shinoda byシノダ

 

 

青いな

現場監督のナンバです。

 

生野西・S邸新築工事はなんとか無事に上棟。

先日上棟式も執り行いました。

 

 

中の写真ですがまだ青い。

ゲリラ豪雨も多かったため一苦労です。

 

化粧梁が美しいです。

 

 

 

K邸蔵リフォーム工事では増し打ち基礎を打設。

 

改修は本当に難しいです。

 

 

今日は散髪に行きますのでこのあたりで。

 

namba

byナンバ

木陰にて

こんばんは現場監督のシノダです。

入道雲がもくもくと立ち込んでおります。

まだまだ暑いですね~

残暑見舞い申し上げます。

一昨日、悪天候に次ぐ悪天候で延び延びの延び~の後

約2週間押しで(矢部達也建築設計事務所)川西市・S邸新築工事

建方を実施しました。

 

木々にすれすれでの建前、

どの様に建物と一体化するのか楽しみです。

 

では又又

 

shinoda byシノダ

終始

先週は終始、雨だったような気がします。

最近設計と現場監督を兼業することが増え、

雨が降り続くことの現場監督の辛さを

肌身に感じているタカノリです。

 

というわけで、

本日は東大阪市I邸にて

外構の土間コンクリートを打設!

狭い隙間も松本組のアサヤンが、

バケツを荷台に載っけて駆け抜けます。

引き渡しまでもう僅か。最後まで走り抜けます!

 

所変わって、天王寺区G邸リフォーム工事では

内部の解体工事が徐々に進んで参りました。

 

天井裏から出てきた、

通称ゴロンボウ(丸太の梁)。

このゴロンボウを表しにした、

天井高のある空間に改修予定です。

構造も確認しながら慎重に進めていきます。

 

今週は晴れ間が続きますように。

takanori

by タカノリ

雨降って・・・

既存建物の解体を進めていました(関口設計)宝塚・T邸新築工事の現場ですが、やっと更地になって地鎮祭を行うこととなりました。

最近は天候が思わしくなく解体後も雨が降り前日も結構な豪雨になってましたので現地を見に行ってきました。

けっして水はけの悪い土地では無いのですが解体後にできたくぼみには大きな水たまりが・・・・

普通なら足元が悪すぎて地鎮祭の用意もままならないところですが、当日は雨も止んで、以前に庭のあった部分の芝生の上で意外と快適に行うことができました。

昔からよく言われますが、解体後は新築までに一旦土地を太陽や風雨にさらして浄化させたらいいらしいです、確かに雨が降ると地盤の状況や解体後の表面の緩みなども観察できますし雨水によっての締め固めもできそうです。

まさに、「雨降って地固まる」です。

tomimasu

by.トミマス

1 2 3 86