絵本ワークショップ2019

先日、絵本作家谷口智則さんのアトリエにお邪魔してきました。アプローチにはおなじみ谷口サンタがお出迎え。

まずは腹ごしらえに奥さんのおいしい手料理をいただいて、月埜ちゃんに遊んでもらいました笑

気がつけばあっという間に午後3時!あわてて作業開始です。そう、今回お邪魔したのはワークショップの試作品を作るためなのです。曇っていた空もだんだん日が差してぽかぽか陽気になりました。

今回は「谷口さんと一緒に靴に絵を描こう!」です。私は姪っ子のために描くことにしました。モデルは飼い犬のテンタです。チワワとして売られていたそうですが違ったみたいですね笑

使うのは「ビッグアートカラー」という外履きにも使える絵の具です。布製のスニーカーでもとても塗りやすかったです。ワークショップでは片方の靴は谷口さんにお任せで絵を描いてもらいますが、今回はお手本にテンタを描いてもらいました。空いたところに絵を描くだけなら簡単ですが、靴全体を使って表現するのはなかなか難しいです。私はテンタ1匹で50分。谷口さんは40分でテンタ1匹、ゴリラ2匹を完成してしまいました。あっぱれ!

というわけで、いつもより少し時間がかかる=待ち時間が長くなるので開催時間を数回に分けて行う予定です。お持ちいただく靴は自由ですが、谷口さんの描き方(黒い背景に色を重ねていく)で参加者のみなさんにも描いていただくので、黒地の靴がきれいに仕上がります。黒以外の方はまず黒く塗ってから色を重ねていただきます。まもなく募集開始しますので、もう少々お待ち下さいね。

あわせて読みたい