キッチン廻りの家具造作

守口市・S邸のキッチンの様子。
大工さんの家具造作で、キッチン前面に棚を取り付けています。

RIMG0036 IMG_0556
_____キッチン側面____________キッチン裏________

IMG_0605

その後、増田タイル(株)の職人さんによってタイル貼りがなされました。
モザイクタイルを使用しているので、反射した光が輝いてみえますね。

現場打ち合わせ

小阪・A邸のリフォーム工事の様子です。

DSC05348DSC05356
DSC05350

解体したあと、構造補強をする為に大工のSさんが現場で手加工をしております。お隣では設計のKさんがお施主さんと打ち合わせ中。。。

設計段階ではお施主さんのご自宅や会社での打ち合わせがほとんどですが、工事が始まると現場の打ち合わせが主になっていきます。

内臓のような工事

森田建築設計事務所設計によるIビル新築工事の現場の様子です。

RIMG0921RIMG0942
RIMG0943給排水工事_協伸工業の職人さんによる内部配管。
そのあと大工さんによる床組がなされ、配管は隠されます。

森田建築事務所の森田さんが、こういった設備類を、
**人体で例えるならば
呼吸器系、神経系、血管系などに該当するような
一見、目立たないけど、重要な部分。**
と例えていらっしゃいます。http://springing.jugem.jp/?eid=412

RIMG0959RIMG0918

電気・空調工事_MK電気さんによる内部配線と、天井からのダクト取り付け。

RIMG0944RIMG0948

防水工事_協立工業さんによるシート防水のあと、左官山本組さんによって防水保護のモルタルが塗られてゆきます。

RIMG0908

耐火工事_ゲンテックの職人さんによる耐火被覆の吹き付け。
設備類が血管であれば、耐火や防水は皮膚のようですね。
同時進行で建物内部に使用される古材の加工も行っております。http://www.kimuko.net/home/staff/2010/04/post_174.html

古き善き匂い

DSC05064森田建築設計事務所設計によるIビル新築工事に使用される古材の加工を、事務所1Fの加工場にて作業中です。

 

丁寧に束られた古材をひとつひとつ解き、どの場所に使用するのか、改めて振り分けてゆきます。

DSC05146
DSC05105 DSC05168

古材に塗られた柿渋の独特な匂いが加工場にひろがります。 

大開口!の硝子取り付け

RIMG119 

タカヤマ建築事務所設計による今里の家新築工事にて、イシダ建創の職人さんが6人がかりで、ガラスの取り付けを行っています。クレーンでガラスを吊り上げて、吸盤を使った慎重な取り付け作業です。
でも、まるで、カエルのよう・・・・

1 181 182 183 184 185 202