オンラインで共有するコト

コロナ戦の緊張感がどんどん増してきた今週。

打ち合わせのために、施主と建築家が、木村工務店に集合することになっていた水曜日の夜だったが、それぞれが地下鉄で移動し、わざわざ弊社まで来てもらうのに、とっても気を使う昨今。それで、木村工務店の見積担当のトミマスと現場担当のシノダとワタシが応接室に集合し、建築家のヤベさんとお施主さんとの3者でオンライン打ち合わせをやってみると、おもった以上にうまくいって、画面を共有するコトもそれなりに快適で、これからは、オンラインでの時間を共有する打ち合で、そこそこやっていけそうな気がした。

土曜日の木村工務店は、大阪府の週末の不要不急の外出自粛要請に従って、在宅勤務としたが、現場や会社での打ち合わせがあった社員数名が出勤する状況だった。かなり昔からサイボウズというシステムを使っているので、スケジュールや現場報告など、オンラインで共有できる仕組みがそれなりにあるので、それを活用した在宅勤務としたが、電話やメールやLINEのやりとりだけでなく、社員皆が顔を合わせて時間を共有するコトも必要な気がして、それで、水曜日のオンライン打ち合わせの経験を活かして、前日にタカノリが whereby で、オンラインミーティングのシステムを構築してくれたので、午前10時と午後3時にオンラインにアクセスするように在宅勤務の社員に呼びかけてみたが、ほんの数名だけしかオンラインに集合しなかった(笑)

午後3時には、女子社員の何人かと、窓を全開にして、うちの家の8分咲きの桜を見ながら、ほんの短いティータイムで過ごした。場所と時間を一緒に共有出来るコトが、とっても有り難く楽しいコトだったのだと、真面目に考えてしまう時代になってきた。そうそう午前中のお施主さんとの打ち合わせでは、木村工務店の事務所に集まった3名と、在宅勤務中の設計担当ハヤカワの自宅をオンラインで繋いで打ち合わせをしてみたが、それなりの情報共有ができたような気がして、これからしばらくは、お施主さんと、オンラインでの設計打ち合わせになっていくような気がする。

日曜日の「まちのえんがわ」は臨時休業としたが、この機会に、オンライン「まちのえんがわ」をオープンすることにした。知り合いの三人ほどが、遊びに来てくれて、なんとなく、どんな感じにすれば良いのか実験中で、ま、それなりの可能性と楽しさがあるとおもうので、 https://whereby.com/matinoengawa として土曜と日曜日の11時から18時までオープンしています。ワタシもその日は、オンライン「まちのえんがわ」周辺をブラブラしているので、よろしければ、ふらりと「オンライン縁側」に遊びに来て下さい。

 

それにしても、徐々に徐々に自分がコロナウイルスに感染している気分に陥るわけで、それゆえに、他のひとに移さないよう配慮するのがソーシャルディスタンスなんだろう。忘れかけていた忍耐なんていうコトバがますます現実味をおびてきたコロナな今週で、コロナウイルスの終息を祈りたい。

< 次の記事
前の記事 >