全国の工務店のひとたちと過ごした二日間

木村家のリフォーム工事で、天井材として、吉野檜の柾目板を、坂本林業のサカモトさんが、納材してくれて、そのご縁で、その吉野檜材を皆に見てもらおうと、サカモトさんが、さまざまなひとを連れだって、木村家を訪問してくれた。そのひとくみに、京都のツキデ工務店の息子さんツキデくんが、建築家の秋山東一さんと共に訪問してくれて、その時のご縁が、ちょっと広がり、名古屋のコスモホームの鈴木さんが主催する、「秋山東一設計道場」というのがあって、ひょんなコトからそれを木村工務店で開催するコトになり、それが今週の23日24日の二日間の出来事だった。

道場終了後、秋山東一さんから、フェースブック上で、こんな表現を頂戴した。

 

 

加工場では、3時間、ひと言も喋らず、シーンとした雰囲気の緊張感のなかで、設計道場が繰り広げられた。後日、ワタシは、秋山さんのフェースブックに、こんなコメントで、表現した。

ゴールデンウィーク前の、とっても印象に残る、二日間だったが、さて、木村工務店では、4月28日から5月6日までの9日間、ゴールデンウィーク休暇を頂戴します。皆さん、素敵な、GWを!。

< 次の記事
前の記事 >