ルーティン

1月6日日曜日の本日が、木村工務店の初出で、会社3階の会議室に集まって、社員と、年末年始の体験を分かち合い、一年の抱負のようなものを語ることが、新年の始まりで、その後、氏神様の清見原神社で、協力会社の人達を交えて、参拝するのも慣わし。それから、近くの木曽路で、新年会をする。そこで、協力会社の集まりである精親会の会長、岡房商店の岡本さんと、木村工務店のシャチョウとしてのワタシが、年頭所感を述べ、乾杯と共に、新年会が始まるのだけれど、食べて飲んで、酒を酌み交わしたあと、万歳三唱で締めることで、一連の木村工務店初出の「ルーティン」を終える。

前の記事 >
次の記事 >