台風24号の日曜日

台風24号の接近で、今日の日曜日の「まちのえんがわ」タイルワークショップは、土曜日の午前中に中止の情報を流すことになって、確かに、あの台風21号以上の台風が、大阪を通過するという台風予想が延々と流れ、不要不急の外出を控えて下さいというアナウンスがあると、致し方ないわけで、何よりも、百貨店なども休業を宣言し、交通機関も早々に運休を決めるなど、災害対応に対する世の中の流れが、一気に安全側にシフトされて、そこまでしなくても…..。と思う気持ちと、これで良いのだ…..。とおもう気持ちが微妙に交錯するわたしの内面だが、あの台風21号の被害状況を常に想定すると、その都度の台風の現実的な「いま」の状況に応じて、対応するのは、不特定多数のリスクが伴いすぎて、ムツカシイから致し方ないのだろうな…..。

そんなこんなで、家で、一日中、台風情報を見ながら待機して過ごす日曜日。といいたいところだったが、建築家の今津さんから、自邸のオープンハウスのお誘いを頂いていたが、ワークショップと重なっていたために、断念の旨を伝えていたところ、うちのワークショップが中止となり、それに、午前中の天気は、曇ってはいるものの、風も強くなく、穏やかだったので、夫婦でお伺いする事にした。そうそう、丁度、2週間ほど前に、照明のナガトミさんと、家具のシラサカさんと、設計のイマズさんと、息子のタカノリとで、リフォームをしたうちの家で、食事をする機会があって、その席で、オープンハウスのお誘いと、建築家の青木淳さんの講演会のお誘いがあり、それで、3日程前に、その講演会をご一緒し、公演後、ニューミューヘンで、建築談義をして楽しい夜を過ごしたこともあったので、なおのことだった。

オープンハウスは、沢山の建築関係者がいっぱいだったので驚いた。道路にも溢れ出るほどの人で、台風接近の影響で、午前中にお邪魔しようと、皆が、そう考えていたからだろうが、それにしても多くの人が集まっていた。これからの家のスタンダードだとおもえる、嫌みの無い素敵で居心地の良い木の家だったので、誰もが、立ち去りがたく、滞在していたからだろう。うちの長男タカノリも家族で参加していたので、そこで顔を合わせ、そのあと、台風の接近を気にしながら、現地近くのイタリアンで、ランチをした。孫と食べるランチは、ガサガサして落ち着かないのに、なんだかとっても楽しい。

お昼からは、台風情報と過ごす一日となった。夕方が大阪に台風接近する本番らしく、その開演を心配しながら待つような心境で、テレビで台風状況を確認しながらゴロゴロしていると、孫イッケイがやってきて、レゴやなんだかんだ、床の上に広げて、遊ぼうと誘ってくるので、マイルスの音楽を、アルバムのラウンドアバウトミッドナイトから一曲だけ選曲して聴きはじめ、それから年代を追って順番にアルバムから一曲ずつチョイスして聞きながら、台風情報を気にしつつ、一緒に遊んだ。ちなみに、18アルバム18曲、ビッチャズブリューで、力尽きた。そうそう、先日の食事会の時に、照明のナガトミさんが、ブルージャイアンツというジャズを題材にした漫画があり、それが面白いので、読んでみてっ!と勧められて、初めて、kindle を使って、その漫画を10冊ほど読んだところだったので、そんなのが、潜在意識として潜んでいたからだろう…..。

台風21号被害の問い合わせが200軒ほどあり、そのために3週間ほど、現場監督と設計担当が、緊急な作業に手を取られて、現在進捗中の工事にも影響を及ぼし苦慮する状況で、そのうえ、この台風24号の被害が重なると、あらゆる工程が、深刻な状況に陥るので、夕方からは、ほんとうに心配しながら、NHKの台風情報を見続けた。幸い、直撃は免れ、風雨もたいしたことがなく、ほっと胸をなでおろす夜となって、どこかに、拍子抜けのような感情もあり、ワークショップ開催できたかも…..なんておもう気持ちも沸々してくるが、いや、でも、これからは、こういう、不要不急の外出を控える、災害避難待機休日が増えてくるのだろうな…..。

< 次の記事
前の記事 >