ドローンワークショップ

10月24日(日)晴れのち曇り

約4か月ぶりのワークショップはえんがわ初の【ドローンワークショップ】でした。講師の土林さんは春に開催した造園家家谷さんのワークショップに参加してくれた縁での開催です。土林さんによると天井が高く風の影響を受けない加工場はドローンを飛ばすのにもってこいの環境らしく、話はとんとん拍子に進みました。

「ここをドローンサーキット場にしたい」土林さんとの綿密な打ち合わせで完成したのがこちらです。まちのえんがわのワークショップも進化しました笑

参加者の中には若い女性の姿も多く、さまざまな人に注目されているんだと実感しました。来年からは国家資格になるとのことで、ますます需要が増えていきそうです。今回は200g以下の「トイドローン」と呼ばれる小さなドローンの操縦体験をしていただきました。といっても中にはFPV(First Person Vew)という本格的なドローンの操縦体験もあり、子供から大人までたっぷりと楽しまれた様子でした。FPVドローンはまるで操縦席に乗っているようにドローンから見える景色をリアルタイムで見ることができるので、楽しさも倍増です。

プログラミング体験ではiPadやスマホを使って自動操縦も体験してもらいました。なかなか思うように動いてくれなかったけれど、かえって盛り上がりました。

ある女の子はクリスマスプレゼントに初心者向けのドローンを買ってもらうと言っていたのですが、どうしてもすぐにやりたくなってお母さんに買ってもらっていました。本番ではさらに高性能なドローンをおねだりするそうです笑

もうすぐクリスマス。サンタさんへのリクエストも増えそうですね。

おすすめ