ANDO

2017年12月24日日曜日
─────────────────────────────────

月曜日の午前9時。キッチンの前に立つ、うちの奥方に、「今日、最終日やから、安藤展でも行けへん!」と軽やかに声を掛けた。「今から東京まで日帰りやろ。もったいないし、行かへんわ!」という答えが返ってきて、建築家の安藤忠雄展に行けなかった後悔に、踏ん切りを付けるつもりだったのに、奥方の横に、長男のお嫁さんサヤちゃんが、一緒に立っていて、私のコトバの後に、間髪を入れない絶妙のタイミングで、「行きたいですぅ!!!」と笑顔いっぱいのコトバが、リビングキッチンの空間に、ブワーンと広がって、奥方も私も一瞬顔を見合わせた。おそらく、「あっっ?!」という顔をしていたに違いない。

自分の語ったコトバに戸惑った。奥方に断られて、その日の夕方に協力会社精親会の8社と打ち合せ予定のそのスケジュールを別日に変更してもらえるのなら、ひとりで行く決心を固めてみる。ぐらいのつもりだったのに、サヤちゃんの笑顔と声が残像と余韻として残り、そうか、なんとしても行こか!という気分になってきて、いやいや、っということは、孫の2歳イッケイと4ヶ月セイゴも一緒に新幹線に乗って、六本木の美術館まで日帰りで行くのかぁ…..「大人3人孫2人の弾丸日帰り滑り込み安藤展」というのは、あほちゃう!みたいな。この建築家の展覧会を見るために、ナンボのお金使うのぉ!あほちゃう!みたいな。「私」のなかの私たちの、うるさかったこと、うるさかったこと。

通常は8人も関与するスケジュールの予定を変更できる可能性などないし、そんなのは大迷惑な話なのだけれど、打ち合わせ内容と精親会メンバーの様子から、我が儘を言える可能性が、ちょっとだけあって、急遽、3日後の予定変更を打診したところ、連絡の取れた6名ほどのメンバーからOKの返事があった。大阪を10時に出発し、六本木の新国立美術館到着が午後2時。「午前9時の今からすぐ行ける準備をして待っときます」というサヤちゃんと奥方のコトバが、背後霊のように迫ってきて、もう躊躇している場合ではなかった。

午前10時。嫁2人孫2人を強引に車に掘り込んで新大阪駅に向かう。車の中から、社員に、唐突に、安藤展を見に行ってくるわ!と告げて、パワハラなお許しを請い、スケジュール調整をしながら運転を続けた。11時20分発のぞみに乗車したが、意外と社内はいっぱいで、大人3人で、社内ではしゃぐイッケイと時折泣くセイゴに気を使いながらの新幹線の旅になった。都内の地下鉄を子供を抱っこしながら歩く母。孫のベビーカーを押しながらのバァバァ。携帯電話と財布だけをポケットに入れて大阪を飛び出して孫たちの振る舞いに気を使いながら歩くじー。大阪から東京の安藤展を見るためだけの想定外の珍道中で、午後2時すぎ美術館に到着すると10分待ちだった。結局20分ほど並んで入場できたのは、午後2時30分を回っていた。

作品の前は、人だかりで近寄りにくい状況のなか、建築関係だけでない一般の大人気に驚くばかりだった。延べ30万人とか。光の教会の前で、珍道中の、歴史的記念撮影をし、ミッドタウンに向かう奥方達を見送った後、安藤さん自らのナレーションが入った解説を聴きながら、最初から見直した。圧倒的な仕事量に嫉妬さえおぼえる。ワタクシハイママデナニヲシテキタノダロウカというようなネガティブな気分。ガンバラナアカンナ、チョウセンシナアカンナ的ポジティブな気分とのパンチの応酬ともいえる。

コンクリートの建築の模型を、木で造る、その反骨精神と、とっても手間がかかる事への挑戦に、凄いなぁ…..。コンクリートでできた模型まであった。光の教会では、後ろの角で、手を合わせて祈る、若い女性の姿を見た。十字に、ガラスがあってもなくても見え方は変わらないかもしれないが、斜めから貫入するする壁に、サッシュがないのが、印象的で、そうか、こんなふうに見えるのか…..と、そこからの青空とコンクリートの壁と光が、十字の光と共に記憶に残った。

午後4時30分。会場をでると、行列がまだまだ続いていた。ミッドタウンでウロウロする珍道中組と東京の建築学科に通う次男と合流し食事をする。新大阪駅着の最終の新幹線に乗るまで、一緒にショッピングをし、なんだかんだ買って、家族皆へのクリスマスプレゼントとした。チョコレート屋さんのカフェでお茶し、地下鉄を乗り継いで、新幹線に乗っても、コウフン気味のマゴたちの勢いに、周囲への気を使いながら、名古屋付近で、ようやく寝込んだ姿を確認した途端、記憶が飛んで、京都駅を出発したアナウンスで目が覚めた。家に帰りついたのは、午前0時を少し廻っていて、ANDOさんのエネルギーが、私たちを動かしたのだろう。サヤちゃんとマゴたちのエネルギーがなければ、印象深い道中にならなかったのかもしれない。それに、この場をかりて、精親会のメンバーさんと、社員の皆さんにも、お礼を言っておきたい。thanks

木村工務店では、12月28日が大掃除で、29日からお正月休暇です。初出は1月6日で、通常営業は1月9日からになります。それでは、皆さん、Merry Christmas and a Happy New Year !