「雨降りだからミステリーでも勉強しよう」的

2017年10月22日日曜日

────────────────────────────────────
雨が降り続く日々。こんな雨の10月って、今まであったのだろうか。昨日の土曜日は、社員リクリエーションの日で、ゴルフ組と釣り組と観光組に別れて、それぞれ楽しむコトになっていたが、生憎の雨。私は、6組のゴルフコンペに参加したが、スタートホールから最終ホールまで、雨合羽を着続けてゴルフをしたのは初体験。それも後半は、かなりの雨だった。グリーンでは、時折、ボールがシュルシュル水飛沫を上げながら転がって、カップのかなり手前でストップする状況で、前の組でスタートしていた別のコンペの人達は、午前中で中止したようだったが、私たちは、そのまま続行し、雨は雨なりのゴルフを楽しんだ。それはそれなりに、土砂降りの雨が、とっても印象に残るゴルフコンペとなった。

そうそう、一緒にラウンドしたメンバーが、防水工事の協立工業の辻家社長瓦工事の瓦虎工業の渡辺常務電気工事のMK電気の加谷社長で、昼食時の会話では、防水工事も瓦工事も雨が降ると出来ない工事なので、この半月間、全く現場で作業が出来ず、こんな年、今までありませんわ!と嘆く。職人さんも、雨が続くので、することないので、この時を利用して、「雨降りだから倉庫の片付けでも」やってもらいましたが、雨が続くので、何日も片付けになって、お陰様で、倉庫が綺麗になりましたわ!と苦笑する。うちの現場の外構工事も、まったく進捗しない現場があって、ここまで雨が連続すると、ケンチク工事はタイヘン困る。

今日の日曜日は、建築女性カメラマン多田ユウコさんによる日光写真のワークショップがあり、夜には、ステンドグラスワークショップを開催してくれている、田中共子さんの結婚祝賀も兼ねたBARを開催予定だったが、流石に、大型台風接近という状況で。土曜日の午前中は、雨のゴルフの真っ最中という、ま、どちらかといえば、もう諦めと開き直りをさせる気分のじゃやじゃぶりの雨で、雨を避けるため、カートの中で座る時間が増え、そのお陰で、カートで、何回もスマホを操作し、フェースブックのメッセンジャー上で、タダユウコさんとまちのえんがわのアオキさんと相談とやり取りを繰り返しながら中止を決定した。便利な世の中になったといえば、便利になったし、集中力のない、落ち着きのない世の中になったといえば、確かにそうで。メッセージ送って、ショットし、またメッセージを送り返して、ショットするコトを繰り返していると、集中力の無いショットと、時には力みの抜けたナイスショットが、頻繁に繰り返されて、こんなゴルフでエエのかどうか。木村工務店主催で、雨降りだから、許されているのだろうね。

ワークショップが中止となった雨の日曜日の朝。自転車に乗るには最高の季節だが連続する雨が阻む。「雨降りだから朝のスーパー銭湯にでも行こう」というのが、うちの夫婦の、あるあるで、その気分に、乗っかるように、長男夫婦家族が、一緒に行くことになった。雨で、ガラガラと思いきや、いつもは、日曜日の朝のお風呂にはいない、子供さんが、そこそこいて、「雨降りだから」気分で、スーパー銭湯に訪れたひとが多かったのだろう。

「雨降りだから普段より音量を大きくしてJAZZでも聴こう」という気分も、ワタクシ的あるあるで。1時間ほど聴いているうちに、玄関のインターホーンが鳴った。自転車メーカーのウィリエールのキタムラくんだった。「雨降りだから自転車のメンテナンスでもしよう!」とやって来て、一緒に自転車ショップに出向いたが、ガラガラだと思いきや、同じ気分のひとが、そこそこいたのには、驚いた。晴れなら自転車に乗るが、雨ならメンテナンス。なるほど、確かにそうで、いままで、そんな気分になったことはないが、「雨降り」の新しい選択肢が増えた雨の日曜日になった。

「雨降りだから選挙にでも行こう」という気分があるのかないのか。スーパー銭湯のあとに、そのまま、長男家族と一緒に選挙に出かけた。ワタクシ的には、雨のお陰様で、孫と一緒にお風呂に入り、孫と一緒に選挙に行って。妙に、嬉しい気分で、投票用紙を手に取ったが、さて、誰と、どの党に、投票するのかと、鉛筆を持った時、良いバランスの、良い緊張関係のある、良い国会になって欲しい。という気分になっている私を発見した。いま、このブログを書く、真っ最中に、台風の激しい雨風の音と、選挙の当落速報がバンバン流れていて、いつになく、雨の、印象に残る、衆議院選挙2017の日曜日になった。

投稿者 木村貴一 23:53分